健康マニアのお風呂の入り方

TOP健康的な入浴法 > お湯の温度は?

お湯の温度は?

「熱いお湯にサっと入るのがすき」、「ぬるめのお湯にゆっくり入りたい」などお湯の温度の好みは、人によって千差万別です。
しかし、ここで意識したい事は、お風呂のお湯の温度によって、健康効果や体への影響が大きく変わってくる事です。
お湯の温度による体への効果を意識して入浴しましょう!

ぬるいお湯? 熱いお湯?

ぬるめのお湯と熱いお湯では入浴の効果もだいぶ変わってきます。

38〜40度のぬるめのお湯に入ると、副交感神経に働きかけリラックスします。
体の緊張をときほぐし、疲れを取る事が出来ます。

逆に熱いお湯は、交感神経に働きかけ、体が活発な状態になります。

寝る前に、ぬるめのお湯に入ると、リラックス出来、ゆっくり寝て疲れを取る事が出来ます。
という様に、状況、体の状態に応じてうまく使い分けると良いでしょう。