健康マニアのお風呂の入り方

TOP健康的な入浴法 > 温冷交代浴

温冷交代浴

冷え性改善、血行促進、疲労回復などに効果があるとし、注目が集まっている「温冷交代浴」。

ここでは入浴法、健康効果などについてご説明します。

入浴法

1.42度位のお湯に3分ほど入る。

2.浴槽から出て、冷水を手足にかける。(シャワーがあればシャワーで冷水をかける)

3.お風呂に入る

 ※1〜3を繰り返す。(5〜10回程度)

最後は水で終わる事で、入浴後の保温効果が高まります。

健康効果

体に温かい刺激と冷たい刺激を交互に与える事で、血管の収縮を促進し、冷え性を改善する事が出来ます。

また、入浴で温まって広がった血管は、湯上り後に熱を体外へ放出してしまいます。
冷たい水をかける事で血管を収縮させる事で熱を閉じ込める効果があり、入浴後もポカポカと温かい状態が持続します。

他にも、自律神経を整える効果、低血圧の改善などの効果も期待出来ます。

注意点

冷たい水を浴びる事で体に負担がかかってしまいます。
高血圧、心臓の疾患、持病がある人や体調が万全で無い人などは交代浴をしない様にして下さい。