健康マニアのお風呂の入り方

TOP健康的な入浴法 > 風邪を引いたときはお風呂に入ると悪い?

風邪を引いたときはお風呂に入ると悪い?

昔から風邪を引いたらお風呂に入らない方がいいという話を聞きます。
はたして本当にそうなのでしょうか?

風邪を引いたときにお風呂に入るのが悪いと言われる主な原因は以下の通りです。

1.湯冷め

お風呂に入ると血管が拡張し血行が良くなりますが、お風呂上りに熱が放熱されてしまいます。
この放熱のときに湯冷めが起きてしまうのです。湯冷めによって風邪をひいてしまうこともあります。
せっかくお風呂で体が温まっても湯冷めをしてしまっては意味がありません。

2.体力消耗

お風呂に入ると体力を消耗してしまいます。
39度〜40度程度の少しぬるめのお湯の方が体力の消耗を防ぐことが出来ます。
長風呂はしないように気を付けましょう。

 

風邪の症状が軽い場合

風邪の時の入浴については賛否両論わかれますが、風邪症状がある程度軽い風邪気味の時なら入浴しても構わなく、むしろ風邪に対して良いとされる意見もあります。

入浴が風邪に良いとされる理由

・血行が良くなり、体の新陳代謝が高まる

・浴室内の蒸気が鼻づまりや喉によい

・軽い腹痛を軽減する

お風呂上りは湯冷めをしないように十分に気をつけ、すぐに体をふいて温かい部屋で白湯などを飲んで水分補給をし、布団に入って休息がとれるような状況にしておきましょう。
脱衣所や部屋を予め暖めておくと湯冷めの防止になります。

また、風邪の時は立ち眩みなどの症状も出やすくなるのでシャワーはなるべく短時間で済ませましょう。
髪の毛は濡れると乾くのに時間がかかるので頭は洗わない方が賢明です。
もし、洗った場合はすぐに乾かして頭が冷えないようにしましょう。

念のため、37.5度以上の高熱や嘔吐や下痢の症状がある時は入浴を控えるようにしましょう。