健康マニアのお風呂の入り方

TOP健康的な入浴法 > 一番風呂は体に悪い?

一番風呂は体に悪い?

昔から「一番風呂は体に悪い」と言われています。

一見すると、お風呂に一番先に入ると、綺麗なお湯に浸かれるので清潔で気持ちが良いような気もしますが、一番風呂は本当に体によくないのでしょうか?

一番風呂が体によくないとされる理由を2つ挙げます。

浴室と湯船の温度に差がある

一番風呂は浴室がまだ暖まっていない状態なのに、お湯を入れたばかりなので湯船の温度は熱くなっています。
そのため、浴室内と湯船の温度差が体に負担をかけます。
寒い冬の温度差は激しく、体に大きな負担になるので特に高齢者は気を付ける必要があります。

【解決策】
温度差を防ぐために予めシャワーで浴室内を暖めてから入るとよいでしょう。

皮脂を奪うので肌に良くない

一番風呂に入ると肌がピリピリすると感じる人もいます。
これは単にお風呂のお湯が熱いというだけでなく、お風呂に入れたばかりのお湯には塩素が多く含まれているからです。
塩素は皮脂を流してしまうため、お湯の熱さが直接肌に伝わってしまい、肌にダメージを与えてしまいます。
さらに、一番湯には不純物が少ないため、お肌からミネラルが流れ出てしまいます。
乾燥肌の人やアトピー性皮膚炎の人は一番風呂は避けた方がよいでしょう。

【解決策】
蜜柑の皮、柚子などをお風呂に入れると皮脂が奪われるのを防ぐ事ができます。
また、塩素を除去する入浴剤を入れたり、バスソルトなどでナトリウムやカリウムを補給するのも良いでしょう。

結論

一番風呂には上記の様な弊害もありますが、少しの工夫で綺麗なお湯に入り、快適で健康的に入る事が出来るものと思われます。